2010年02月07日

新風と統一教会

彼を知り己を知れば、
百戦して殆からず
(かれをしりおのれをしればひゃくせんしてあやうからず)

敵と味方の情勢や能力をよく知れば、
何度戦っても決して敗れることはない。

…という意味の
あまりにも有名すぎる『孫子』の兵法書
の内容である。

さて、なぜいきなりこの孫子の兵法を引っ張り出してきたのか?
まずここで私が
何を指して『彼(かれ)』=敵と言っているのかを
まずご理解いただきたい。

右翼の正体
↑卑劣極まる在日三国人=(在日韓国+朝鮮人)の
日本破壊を目的とした破壊活動の一端である。

三国人って何??と思われた方は
当ブログ左下の「韓国はなぜ反日か」を隅々までご覧ください。

在日韓国+朝鮮人が三国人(さんごくじん)と呼ばれるように
なった由来は
終戦直後、国防体制や国内の警察力が
整っていないのをいいことに
日本在住の韓国人や朝鮮人が
「我々は戦勝国民だ!」などと意味不明な事を喚き散らしながら
強盗殺人放火土地の収奪強姦略奪などなど
悪逆の限りを尽くしまくり
D・マッカーサー米占領軍司令が
「あんな奴らは戦勝国民などではない。
戦勝国民でも敗戦国民でもない『第三国人』だ!」
と苦言を呈した事からその名が付けられたと言われる。

さて、では右翼とは何か??
一言で言うと、
「日本が好きです」などと愛国的な表現を使ったり、
「日本民族は偉大である」などと自らの民族性を鼓舞する
もしくは賞賛したりする人たちないし
「国旗日の丸」「国歌君が代」を讃えるような人たちは
「騒音を撒き散らしながら
凶悪犯罪を繰り返す
私たちのようなキチガイと同じなんですよー」
というようなイメージを一般大衆に植えつける事を
目的とした日本破壊を究極目標に掲げた
在日三国人どもによる
破壊活動に勤しむ破壊工作員の事なのである。

彼らは息を吐くように真顔で平気で嘘をつく。
そして自分たち(三国人)に害をなす
ないし、敵対的な個人及び団体に対して際限なく残虐な方法で
攻撃を仕掛けるという狂暴性を内に秘めている。

さて、ここで彼らに対して最大の『敵』が出現する。
在日特権と呼ばれる
まだ日本人には多く知れ渡っていない
世界標準で見れば異常とも言える
外国人を手厚すぎる程に手厚く保護する制度の数々、
これを正面切って党是で反対する政治団体が出現してきた。

自民は創価公明に配慮しているのか口をつぐみ、
民主・社民・共産などは逆に賞賛さえしているこの
日本人軽視、外国人重視の
この『在日特権』と呼ばれる聖域に土足で踏み込んでくる
反逆者どもがいる!
多くの日本人の目に止まる前になんとかして
やつらのイメージを失墜させて
潰さなければ我々の『日本破壊計画』と『日本人抹殺計画』が
頓挫してしまう可能性もでてくる…。
そうだ!
やつらも右翼で日本のイメージを失墜させたのと同じ方法で
失墜させてやろう…。
北朝鮮系キチガイカルト宗教に賞賛させて
奴らを支持するという事は
統一教会=『キチガイ』ですよ!
というイメージを浸透させてやろう…。
まあ、日本人はバカだからこんな簡単な計略も見抜けまい!

…と、まあ大体こんな感じだろうか?

が、しかしながら

http://blog.livedoor.jp/news2chplus/archives/50941923.html
↑実はazu2_自身、この中の群集の一員となって
維新政党新風の街頭演説を直に聞いていたのだ!!!
そして維新政党新風が統一教会を徹底的に批判しているのを
直にこの耳で聞いているのである!!!

普通に考えて自分たちを支援してくれている団体を
ここまで大っぴらに批判するだろうか?

自民党が創価学会を批判しているのを聞いたことがある人は
いるだろうか?
民主党が大韓民国民潭や朝鮮総連を批判しているのを
聞いたことがある人はいるだろうか?

前回の衆院選では
「日本人はバカじゃない!」と信じて
愚直なまでに現実的なマニフェストで挑んだ
麻生太郎前首相が、
「日本人はどうせバカだから!」と見下した姿勢で
財源不透明で実現不可能なとんでもマニフェストで挑んだ
小沢一郎に負けているという現実を見せつけられると

在日三国人のイージー過ぎるトラップに
騙され翻弄され続ける今日の日本人を思うと
本当にとても悲しい気持ちになる。

この記事をより多くの人に知らせたいと思った方のみ
このボタンを押してください→人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
ラベル:新風 統一教会
posted by azu2_ at 10:17| Comment(3) | TrackBack(0) | 維新政党新風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。