2010年02月24日

恐るべき中国共産党の謀略の実態

現在、外国人参政権に反対する立場から、
テレビタックルに良く出演する自民党の河野太郎衆院議員や
国民新党の亀井静香大臣が、
「帰化の条件を緩和して日本国籍をとりやすくすればいい」
などと発言されているようだが、
これはトンでもない無知な発言である。

中国共産党から見たら、まさに飛んで火にいる夏の虫。
シナは日本を
チベットやウイグルのように人口侵略で乗っ取り、
日本をシナの自治区にして、日本省・日本族と呼びたいのである。

シナの面積は日本の26倍で、
面積は950万平方キロメートルと豪語しているようだが、
そのうちの半分以上の500万平方キロメートルは、
第二次世界大戦後、
シナがチベット・ウイグル・南モンゴルを
人口侵略をして
奪い取ったものなのである。
シナは現在進行形の侵略国家であり、
『世界最大の人権蹂躙国家』なのである!!!

シナはその歴史上大きく分けて3段階で
周辺国を侵略していくようである。

第一段階は歴史認識などで、相手国を罵倒し、
精神的に相手国より優位に立つことである。
日本では南京大虐殺を声高に叫びまわっていたようだが、
後に南京大虐殺が
中国共産党の宣伝部による完全な捏造情報工作である事が
近年明白に成るに至る。

シナは精神侵略をやった第二段階で、
人口侵略を仕掛けてくる。
これは、周辺国にシナ人を大量に帰化させて、
政治家・軍人・官僚
教師・警察・ブロガー=リチャードコシミズ(?)など・・
周辺国の要職に就かせて内部から周辺国乗っ取りを謀る。

第三段階が中国人民解放軍の周辺国への駐留で
軍事侵攻による制圧と
強引なまでの軍事的な併呑である。
反対者は問答無用で射殺されるか収容所送りとなり、
民族淘汰を最終目的とする
人権無視の辛酸極まる惨いホロコーストが至る場所で行われ、
チベットでは現在原住民よりも移住してきたシナ人の人口の方が
上回り、公用語は実質中国語に成り果て、
ウイグルの小学校では
シナの国旗掲揚とシナの国歌斉唱が
毎日強制的に実行させられている有り様なのである。
(無論、これに異を唱えればどうなるかはもはや言うまでもない)

小沢一郎とは
これらの事を知りながら
目先の票欲しさに日本をチベットやウイグルのような
危機に晒す大悪党である。

このような大悪党は明日の日本国を守る為にも
決して許してはならないのである!!!


この記事をより多くの人に知らせたいと思った方のみ
このボタンを押してください→人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ


…なんでもいいけど、
シーサーブログってメンテ終わった後記事の送信が猛烈に
重くなって ものすごーく(TT)
posted by azu2_ at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | シナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月05日

シナの世界征服の野望と民間防衛

第一段階「工作員を送り込み、政府上層部の掌握。洗脳」

第二段階「宣伝。メディアの掌握。大衆の扇動。無意識の誘導」

第三段階「教育の掌握。国家意識の破壊。」

第四段階「抵抗意志の破壊。平和や人類愛をプロパガンダとして利用」

第五段階「教育や宣伝メディアなどを利用し自分で考える力を奪う。」

(※ 今の日本は大体このあたり)

最終段階「国民が無抵抗で腑抜けになった時、大量植民。」

スイス政府「民間防衛」より
スイス政府民間防衛に学ぶ
↑もっと詳しく知りたい方はこちらが便利です。

現在、中共は軍事力ではないまったく新しい兵器を駆使して
人類史上誰も聞いたことの無いような
全く新しい戦い方で戦争を仕掛け、
侵略に次ぐ侵略を行い続け、世界征服に万進している。
そのまったく新しい兵器とは一体何か?
それは「人間」そのものであった…。

大量移民の恐怖
↑民主党が日本を
シナの一部にしようと画策している証拠の数々

国民が知らない反日の実態
民主党の正体
民主党が政権を獲得する前に作られたサイトで、
民主党がもし政権を取ったらまずこうする!みたいなものを
預言書みたいにまとめたものらしいが、
今あらためて読んでみると
驚くほど的中していて、かつさらにその先の未来までもが
事細かく記されている…。

もしこの預言書通りに事がすべて的中するとすれば
日本は消滅するとの事らしい。

そう言えば昔、このようなブラックジョークが
流行っていたのをふと思い出した。

自民党が政権を担当すると日本がダメになる、
民主党が政権を担当すると日本が無くなる。


この記事をより多くの人に知らせたいと思った方のみ
このボタンを押してください→人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
ラベル:シナ
posted by azu2_ at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | シナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。