2010年03月01日

参院選前の「谷垣降ろし」も=舛添氏

自民党の舛添要一前厚生労働相は1日午後、
都内の日本外国特派員協会で講演し、
「世論調査では自民党の支持率は変わらないし、
むしろ下がっている。
党内の賢明なる政治家がこの点を考えれば、
谷垣禎一総裁の辞任を促す方向に行くだろう。
その場合は党改革はできる」と述べ、
夏の参院選前の総裁交代もあり得ると指摘した。

3月1日(月)17時37分配信 時事通信

外国人参政権に躍起になっているだけの
『小型オザワ』と言ったところかこのハゲは
こんなハゲ要らないから
とっとと政界から追放しろ。

そう言えば外国人参政権と言えば
それを取り上げた内容の番組があるという情報を得て、
久しぶりにTVを観た。
「TVタックル」というビートたけしが出演するあれだ…。
(そのせいで今日は更新が遅れてしまったのだが…)

…どうせ、外国人参政権を賛成に世論を向けようと
操作する嘘っぱちを並べた
捏造番組だろうとばかり思っていたのだが
意外にも思っていたよりフェアなイメージで報道されていたのには
ちょっと驚かされた。

私が外国人参政権に反対の理由は
概ねココにあるサイトの内容と合致する。

ただ、とある共産党員の言っている事は
意味不明で支離滅裂である事甚だしいものであった
ということは付け加えておこう。
もともと共産党は万国共通でクレイジーというイメージがあったが
今日のTVでそれにより拍車がかかった。
(大体、共産主義を採用してきた国で
「言論の自由」が
保障されていた例が過去に一つでもあっただろうか?)

共産党のポスターはよく街で見かけるが
白い鳩と水色をバックに
「まもろう憲法9条 日本共産党」
・・・というキャッチフレーズがあったと
記憶しているが、
それに付け加えて
「まもろう憲法9条、やぶろう憲法15条 日本共産党」
とした方がより正確で分かりやすくて
エキセントリックでカッコイイと思うのだが
いかがなものだろうか?


この記事をより多くの人に知らせたいと思った方のみ
このボタンを押してください→人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ
ラベル:外国人参政権
posted by azu2_ at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 外国人参政権 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月04日

漫画家小林よしのりから見た外国人参政権

漫画家小林よしのり氏も
この異常とも言える外国人参政権について
声を大にして
はっきりと反対を訴えている。
ようつべにアップされていて
厳密に言えば著作権にも引っかかるかも知れないが、
緊急事態であると同時に
内容からして同氏がとても営利目的すなわちお金儲けが
第一で描いているとはとても思えないので
極端な話この号に限って言えば
無断でコピーしまくって
町中でタダで配って回っていても何も言わないどころか
むしろ広めてくれて有難う!と感謝さえするであろう。

もし、まだその漫画を見ていないという方が
いらっしゃるのであれば
是非ご覧頂いた上でできる限り多くの方にも
勧めていって欲しい。
我が国が今、現実に直面している戦後最大の危機と言っても
もはやこれは過言ではないであろう。

ゴーマニズム宣言「外国人参政権」という売国法案を許すな!
↑(注)音声がでます。




この記事をより多くの人に知らせたいと思った方のみ
このボタンを押してください→人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログへ

ラベル:外国人参政権
posted by azu2_ at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 外国人参政権 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月03日

人権機関創設「早期に法案提出」=首相が表明−参院代表質問

永住外国人への地方参政権付与について、
首相は「政府として法案提出に向けて論点整理を行っている。
関係各方面の意見を聞きながら進めたい」と表明。
これに対し、亀井静香金融・郵政改革担当相は
「選挙が過熱し、民族感情が刺激されて
対立が生まれる危険性もないわけではない。
参政権を望まれる方は
(日本への)帰化で対応していただきたい」と述べた。

2月3日14時59分配信 時事通信より抜粋



亀井は帰化の条件を緩める事で対応しようと言っているが、
ここで奴らは
「形式的に帰化しても心は韓国人のままだ!」と言って
ペクチンフン参議院議員みたいに
日本に対する敵対的な攻撃をより強める懸念がある。

外国人参政権には反対だが
帰化の条件を今まで以上に厳しくし、
その代わりに在日特権の廃止や
特別永住制度の廃止で祖国に帰国を促していく方向で
対応してもらいたい。

亀井の今のままの考えでは全面的には支持できない。

>×帰化で対応していただきたい
>○帰国で対応していただきたい
posted by azu2_ at 18:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 外国人参政権 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。