2011年01月15日

与謝野担当相 税の改革「10年来の仕事」実現に強い意欲

民主党は公約破って増税をやりまくりたい。

でも、そうするとイメージが悪すぎる。
民主党員や社民党員ではない『誰か』にその汚れ役を
引き受けさせなければならない・・・。

最初は「たちあがれ日本」に泥をかぶせて
自分達が選挙で負けた後でも
「我々は増税には反対だったのにあいつらが勝手に民意を無視して増税をした」
と言えるように退路を確保したかったのであろう・・・。

そして小沢同様権力欲の権化とも言える
与謝野に大臣のポストで吊り上げて出来る限り増税させ
批判の的を与謝野一点に向けて
自分達が受けるダメージは最小限に抑える・・・。

これ以上できないってところまで増税したら
もう用済みなので『使い捨て大臣』の与謝野は切る。

・・・そういうシナリオなのであろうが
与謝野もそれを見抜けないほどバカではないと思われるから
それを逆手に取って
民主党に対して何かをやらかすかもしれない・・・。
posted by azu2_ at 07:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/180743235
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。