2010年07月12日

日教組の親分が当選・・・教育って何?

この文章を読んでいる皆様も小学生の頃
「戦中に日本兵や当時の日本政府が『残虐な行為』をしている映像」を
見せられた経験があるのではないでしょうか?

そして先生から作文を書くように言われた経験はないでしょうか?

・・・あるはずです。

「日本はとてもわるいことをしてきたので
ゆるしてもらえるまでずっとあやまらなければいけないと思いました」


・・・みたいな内容の作文を書かせ
それに花丸を与える先生の姿を記憶している方もいるはずです。

こう言った歪んだ自虐史観と
嘘の歴史を刷り込ませて特定アジアの言いなりとなり
従順な奴隷にしつける事を今の日本政府と日教組は
『教育』と呼んでいるらしいのです。

そしてその親分が他の誰でもない輿石東なのですが
山梨県民の多くが
この人物を支持した事に強い憤りを覚えます。
posted by azu2_ at 11:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ぼやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/156118043
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。