2010年10月21日

反日デモで報道規制=中国

中国様「尖閣諸島周辺には莫大な地下資源が眠っていると聞いたので我々に献上しろ!」

民主党「は・・・はいっ、我々も是非ともそうしたいのですが・・・
その・・・世論・・・というものがございまして・・・はい
なんとかマスコミや教育機関の刷り込みを使って
戦前戦中にどれだけ日本が中国様にご迷惑をお掛けしたかと徹底教育をして
自分のほうか過去の事はどうか尖閣と地下資源を献上しますのでどうかお許しくださいってな方向に
全力を挙げて持っていっている最中でございますぅ・・・。
マスコミにも『領土問題』と言う言葉を頻繁に使わせて
『領土問題』に持っていく方向で進めておりますので今しばらくお待ちいただきたく・・・」

中国様「ええい!遅い!!遅過ぎる!!さっさと寄越せ!!早くしろ!!」

民主党「ひ・・・ひいいいいぃぃぃ・・・も、申し訳ございませんんんんん・・・」

・・・大体こんな感じ?
posted by azu2_ at 02:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ぼやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月17日

彼らが最初共産主義者を攻撃したとき



彼らが最初共産主義者を攻撃したとき』は、
ドイツのルター派牧師であり
反ナチス行動で知られるマルティン・ニーメラーによる詩。

・・・らしい。


日本語で引用されているバージョン

ナチ党が共産主義を攻撃したとき、
私は自分が多少不安だったが、共産主義者でなかったから何もしなかった。

ついでナチ党は社会主義者を攻撃した。
私は前よりも不安だったが、社会主義者ではなかったから何もしなかった。

ついで学校が、
新聞が、
ユダヤ人等々が攻撃された。
私はずっと不安だったが、まだ何もしなかった。

ナチ党はついに教会を攻撃した。
私は牧師だったから行動した―しかし、それは遅すぎた。


1976年バージョン

彼らが最初共産主義者を攻撃したとき、私は声をあげなかった、
私は共産主義者ではなかったから。

社会民主主義者が牢獄に入れられたとき、私は声をあげなかった、
私は社会民主主義ではなかったから。

彼らが労働組合員たちを攻撃したとき、私は声をあげなかった、
私は労働組合員ではなかったから。

彼らがユダヤ人たちを連れて行ったとき、私は声をあげなかった、
私はユダヤ人などではなかったから。

そして、彼らが私を攻撃したとき、
私のために声をあげる者は、誰一人残っていなかった。



私がこれをシナ風味に書き換えて見ましょう・・・。

彼らが南モンゴルを攻撃したとき、私は声をあげなかった、
私はそこには住んでいないし、自分には関係ないと思っていたから。

彼らがウイグルを攻撃したとき、私は声をあげなかった、
私はそこには住んでいないし、自分には関係ないと思っていたから。

彼らがチベットを攻撃したとき、私は声をあげなかった、
私はそこには住んでいないし、自分には関係ないと思っていたから。

彼らが尖閣を攻撃したとき、私は声をあげなかった、
私はそこには住んでいないし、自分には関係ないと思っていたから。

彼らが沖縄を攻撃したとき、私は声をあげなかった、
私はそこには住んでいないし、自分には関係ないと思っていたから。

彼らが九州を攻撃したとき、私は声をあげなかった、
私はそこには住んでいないし、自分には関係ないと思っていたから。

彼らが四国を攻撃したとき、私は声をあげなかった、
私はそこには住んでいないし、自分には関係ないと思っていたから。

彼らが本州を攻撃したとき、私は声をあげなかった、
私はそこには住んでいないし、自分には関係ないと思っていたから。

そして、彼らが北海道と北海道に住む私の家と家族を攻撃したとき、
私のために声をあげる者は、誰一人残っていなかった。

・・・これが現実にならない事を祈ります。



この記事をより多くの人に知らせたいと思った方のみ、
このボタンを押してください→人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治思想へ
posted by azu2_ at 14:12| Comment(0) | TrackBack(1) | ぼやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月16日

中国各地で反日デモ=尖閣領有めぐり、東京集会に反発

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101016-00000079-jij-int

シナの反日デモ → すぐにでも報道

日本の反中デモ → 報道せず

反日媚中マスコミは是が非でも
尖閣を「領土問題」に仕立て上げた上に
『中国が正しい、日本が悪い』
・・・という方向に
世論を持って行きたいようにしか見えませんね・・・。

尖閣侵略糾弾??

侵略しているのは
明らかにシナの方なのに
なぜ日本が責められなくてはいけないんでしょうかね??

日本は自らの正当性を決定付ける
証拠となるビデオを持っているのだから
それを堂々と全世界に向けて公表して
恐れる事無くシナを批判すればいいのに
なぜ政府与党は
『日本の領土と国益』よりも『中国への配慮(?)』を重視して
ビデオ公表に消極的なんでしょうかね??


この記事をより多くの人に知らせたいと思った方のみ、
このボタンを押してください→人気ブログランキングへ にほんブログ村 政治ブログ 政治思想へ
posted by azu2_ at 18:51| Comment(3) | TrackBack(0) | 時事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。